2017
03.25

コバルトのニューカマー 🚴

久しぶりに虹を見ました。

すごく近くに現れたので虹のふもとに財宝があるか確かめに行きたい

気もしました。 が、大人なのでなんとか踏みとどまりました。


RIMG2563.jpg


お彼岸も過ぎて新しい年度が始まろうとしています。

職場や学校で新しい仲間も加わって色々と新たなスタートを切る時期になります。

新しいものを手に入れて使い始めるにもいいタイミングかもしれません。

僕らはこの間スマホをやっと手に入れてスマホデビューを果たしました。

そしてまた今回新たなアイテムを手に入れました。

30年ぶりに購入となる自分用の「自転車」です。

最近どこへ行ってもチャリダーが目につくようになり、自転車ブームの最中に

ある感はありましたが、自分はライダーなので二股は厳しいと思い躊躇して

いましたが、カジュアルなシティバイクを乗っている人を見て、普段使いなら

乗ってもいいかなと急激に購買意欲がわき 付き合いのあるバイク屋で注文

して組み立てが完了し引き渡しをうけました。


RIMG2578.jpg


買ったのはブリジストンサイクルの「グリーン・レーベル」というブランド名がある

ちょっと小洒落たバイシクル分野から選んだモノでして、名前は

「TOTE BOX(トートボックス)」というショッピングに特化したような自転車です。


RIMG2571.jpg


前輪が24インチで後輪が22インチという特殊なタイヤサイズはマウンテンバイクの

ように太く、低重心でロングホイールベースの車体はアルミボディです。

色は「コバルトグリーン」というみんなが選ばないようなカラーをチョイス、盗難予防にも

なります。


RIMG2575.jpg


レトロな雰囲気のディティールと先進の技術で全体的にはとってもモダンに感じます。

ママチャリとして使うには無骨で、乗る人を選びそうなデザインです。


RIMG2576.jpg


一番の特徴は標準で付いている大きなリヤバスケット。

カタログには「ペットとお出かけも楽しめる」みたいなことを書いてありました。

いつかそんなことをしてみたいなぁ・・・


山下達郎の歌に「新・東京ラプソディー」(ネオ・とうきょうラプソディー)という曲が

あります。 その冒頭の歌詞がこんな感じです。


♪ 一番好きな緑色の自転車と君がいるから心の中はいつもミリオネア

街へ出るのさ溢れる光の中へ飛び込んだなら生れる僕等の東京ラプソディー

こんなけだるい夏の終りはコーラの匂い恋の痛みも少しだけ汗になる ♪



家には80歳を過ぎた父が乗るもう一台の自転車があります。 それも色が緑色です。

そしてノンチャック氏の乗るオートバイもグリーン、我が家の二輪は緑色ばかりです。

久しぶりに乗った自転車、いつからか変わった車道を走らなければならない交通法規に

交通弱者の気持ちをあらためて知り、普段使わない脚のどこかの筋肉が妙に痛くなる

心地よい疲労感に、新しい生活が始まる予感がします。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
続きを読む
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
03.14

やってみた!「襖の貼り替え」

Category: ハッピー   Tags:アサヒペン
築二十数年になる我が家も、そろそろリフォームが必要になってきてます。

外壁の吹き替え工事を近く予定しています。

その前にやっておきたいことがあって、できれば自分でできることは

自分でやってしまおうと思い行動に移しました。


RIMG2548.jpg


和室の襖がだいぶ日に焼け黄ばんできています。シミも所々にあります。

この襖の貼り替えをDIYでやってみます。 教科書はYOUTUBEです。


RIMG2551.jpg


作業台があるとやりやすいんですが、ないのでフローリングにソファーカバー

を敷いて傷つき防止とします。


RIMG2555.jpg


七つ道具のようなモノも調べてホームセンターで購入済みです。

今回貼り替える襖紙は、部屋の印象が変わらないように似たような

山水の画のものを選びました。


RIMG2559.jpg


アサヒペンから出ている「アイロン貼り糸入りふすま紙」です。

アイロン貼りが一番剥がれにくいようです。あと糸入りだと紙も丈夫で

失敗が少なくできるようです。 枠を外さず簡単に貼れるとなっていますが、

きっと枠を外せばキレイに貼れるんでしょうね、しかし、それをさせないのは

素人では外さないで作業したほうが無難という意味があるんでしょうね。


RIMG2556.jpg


引手をインテリアバールを使って外します。 枠に沿ってカッターの刃を入れ

古い襖紙を一気に剥がします。 新しく貼る襖紙の糊が枠に着かないように

マスキングテープで養生をします。

RIMG2557.jpg


この作業をしっかりやるかやらないかで仕上がりに差がでてくるようです。

コツは板と枠のギリギリまでしっかりと貼ることです。

アイロンを用意してスイッチを入れ温めておきます。


RIMG2552.jpg


新しい襖紙を広げて位置を仮合わせします。 製品にもガイドラインが引いてあり

ますが、柄がちょうどよく出るところに合わせていきます。

枠に沿ってカット定規をつかって折れ目のあとを付けておきアイロンをあてやすく

しておきます。


RIMG2516.jpg


アイロンは高温に設定しておいてゆっくりと動かしていきます。

スチームのある無しは関係ないようですが、しわが出ないようにするには

あまり力をかけ過ぎないようにアイロンの自重だけで押さえる感じで動かします。


RIMG2554.jpg


アイロン当てが終わったら余分な部分を切っていきます。

この作業が一番難しいです。 アイロンは僕らみたいなオジサンでも抵抗なく

できますが、カッターで直線を切る作業がなかなか慣れていません。

カット定規があるのでそれをガイドに使って切っていきますが、最大のコツは

カッターの刃を常に切れ味鋭くしておくことです。 チョット切れが悪くなったら

どんどんポキポキと刃を折って、新しい刃で切ることがキレイに仕上げるコツの

ようです。 最後に引手の部分に穴を開けて引手をはめ込み釘を打って終わりです。


RIMG2560.jpg


だいたい一枚一時間ぐらいかかりました。 仕上がりは素人にしては上等だと自負して

おります。 白さが映え部屋が明るくなった感じがします。

このブログを書き終えている時点で、家にある襖のすべて20枚ほどをすでに貼り終えて

います。 人件費をだいぶ抑えられたと思います。

次は障子の貼り替えに挑戦してみようと思っています。

「DIY」 自己満足ながら楽しいですね、リフォームにはまりそうです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Comment:0  Trackback:0
2017
03.11

・・・スマホデビュー (*ノωノ)

Category: ハッピー   Tags:iPhone
三月は決算期ということで、どこの企業も忙しさに追われています。

そんなみんなが汗水たらして頑張っている中、五年ぶりの運転免許の

更新手続きを理由に公然と有給休暇をこなす私がいました。

もうずーっとゴールド免許でありますが何か恩恵をうけたか?というと

そんなものがまったくなく、しいていえば免許の更新手続きはビデオを

30分観賞して終了という簡易な手間で済んでいることぐらいでしょうか。


更新手続きが早くすんだので、かねてから計画していた「長年愛用して

きたガラケーをいよいよもって『スマホ』なるものに替えよう!」という計画

を実行することにしました。 あらかじめ希望する機種の手配をネットで

すませてあったので販売店へ余裕でクルマを走らせます。

なんで今さらスマホデビューなんかするのかというと、実際は僕らの携帯

電話の使用率を考えるとガラケーで充分なんですが、今までさほど気に

してなかったのですが、知らない人の前でガラケーを出して操作するのが

段々と恥ずかしく感じ始めたのです。 人それぞれなのかもしれませんが、

自分から見ても他人がガラケーを使っているのを時代遅れというか、過去の

産物を後生大事にしてるように見え始めてきたからです。

バブル期にあれほど使いつくされた「ポケベル」もサービスを終了して久しい

です。ガラケーも、もっといえばスマホもいずれ過去の家電になっていくんですね。


平日なのにそこそこの駐車場の満車率、クルマを停めて入り口の自動ドアを

入ると待っていたのはにこやかな販売員の顔。「ただいま大変混みあって

おりますので40分の待ち時間となります。」 そう言って順番待ちカードを

渡されます。並ぶの待つのキライなノンチャック氏は一旦店から出て車に乗り

近くの本屋さんで時間をつぶします。 頃合いを見て戻りカードを見せると

販売員が近くのテーブルへ案内をしてくれます。 希望機種の予約済みの旨を

告げるとすぐに奥へ引っ込み、何かを確認して戻ってきます。

そこからしばらく興味のないセールストークが続きます。ようやく手続きに移ると

いうことでカウンター席へ移動します。 色々と質問攻めみたいな感じになりますが

そこは仕方のないことと割り切って老眼鏡を取り出して書類に目を通して記入を

していきます。 そういう手続きが少しすすんでから「これから全部の手続きが済む

のにだいたい2時間ぐらいかかりますがお時間はよろしいですか?」と聞かれる。

よろしいですかと言われても、もう手続きに入ってるじゃんと思いながら承諾を

します。 う~ん、噂には聞いていたがガラケーからスマホに替えるのって時間と

費用がかかるというがこういうものなのねー、と実感しました。

そんなこんなで、僕らのスマホデビューは無事終了したのでありました。

携帯電話は最初からずーっとdocomoを利用してきています。 今ではドコモでも

iPhoneを販売してますが、ジョブズ亡き後のアイフォンには興味がないので、あえて

アンドロイドというか家のタブレットが神器「nexus7」であるので慣れからアンドロイド

端末の最新osを搭載する機種を選びました。 ついでになぜかただ同然でドコモの

オリジナルのタブレットを付けてもらいました。

それらがこちらになります。


RIMG2541.jpg


スマホの機種は「V20 PRO L-01J」というのです。 XPERIAでさえもない

というへそ曲がりっぷりの機種選択です。

色の展開もチタンカラー一色のみという無骨っぷり。 角が丸っこくなっているのは

アイフォンっぽいけどキライじゃないです。 色々と要らないアプリが満載となって

いますが、初期契約のドコモのアプリは期間が過ぎたら解約したいです。

操作はアンドロイドずーっと使ってきているので困ったことはありません。

ただ、 私、 いまだに 文字入力に関して

「フリック入力できません。」


ガラケーに慣れ過ぎていたからですかね。 (ノω`*)ノ

******************************

Comment:0  Trackback:0
2017
03.05

【初午祭】 馬頭観音祭 【家康くんもいるよ】

Category: ハッピー   Tags:家康くん
初午の日に稲荷神社で行われる祭礼「初午祭」が地元のお寺で

行われました。 稲荷神社のお祭りなのにお寺で? 御想像通り

お寺の一画に稲荷様も祀られています。 地元では徳川家康寄進の

馬頭観音のお祭りとして知られています。


RIMG2533.jpg

RIMG2534.jpg


戦に負けても身を守るといわれていれ小さな子供が境内を馬に乗って

2周廻り厄除けする「乗馬祈願」が特徴です。

御馬さんがスタンバっていました。


RIMG2531.jpg


徳川家康ゆかりのお寺のお祭りということで、浜松のご当地ゆるキャラ

家康くん」が毎年のようにサービスで登場してくれています。

みんな記念撮影をしていきます。

RIMG2536.jpg


ノンチャック氏は参拝を済ませると名物厄除け絵馬菓子を買います。

御祈祷を済ませてあるご利益のある和風サブレです。


RIMG2537.jpg


テキ屋の誘惑にもすっかり負けて、いろいろお土産を買ってしまい

ました。 

帰宅後、久しぶりに佐鳴湖までウォーキングをしました。

すっかり春爛漫となり河津桜も満開となっています。

ちょっと汗ばむ陽気に体も「活動的になれ!」と言われている

ような気がしました。


RIMG2524.jpg
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。+;☆;+;。
Comment:0  Trackback:0
2017
02.26

河津桜🌸見頃です👀

Category: 花鳥風月   Tags:早い春
北国は吹雪く日もあり、まだまだ春は遠きという感じだと思われますが、

南国浜松では日差しに力も加わり、庭先に遊びに来る小鳥の種類も増え

所々に春の気配を感じさせます。

二月の後半からは梅の木が各地で花盛りとなっています。 そして、

お茶県静岡では伊豆の東海岸の河津町でおなじみの「河津桜」が見頃を

迎えています。

河津桜の原木は、静岡県賀茂郡河津町田中の飯田勝美氏(故人)が1955年

(昭和30年)頃の2月のある日河津川沿いの冬枯れ雑草の中で芽咲いている

さくらの苗を見つけて、現在地に植えたものです。 現在では全国に普及している

ようで、浜松にも名所があります。 新聞の記事で花まつりの情報を見つけたので

さっそく春を感じにオートバイを走らせました。


RIMG2506.jpg


早朝だったので人の気配はありません。 朝日を浴びて川面と濃いピンクの

花びらがキラキラと光っています。 にしても浜松は晴天の日が多いなぁ・・。


RIMG2512.jpg


名前が先か川が先かは分かりませんがその名も「花川」の南北の堤防沿い

約1キロに400本の河津桜が植えられています。


RIMG2510.jpg


もう八分咲きぐらいかな、2~3日中には満開になりそうです。

西岸には休耕田に菜の花が一杯咲き誇っていたりして春満開を感じさせます。

お祭りでは週末は地元野菜の販売や甘酒を無料でふるまったりと地元の有志

によって花まつりが盛り上げられているようです。

早い春を一つ楽しませてもらいました。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆
Comment:0  Trackback:0
back-to-top