FC2ブログ
2018
10.20

がんばれ! 皇帝ダリア❀

Category: 花鳥風月   Tags:台風24号
台風24号から20日ほど経ちました。

未だに近隣の民家の屋根の瓦にはブルーシートがかぶせられていたり、

農家のビニールハウスはひしゃげたまま放置されていたりと目にするもので

被害の大きさを感じさせる日々が続いています。

我が家も少なからず被害を受けました。 特に植物や露地野菜のダメージが

酷く、暴風により倒れただけでなく風に乗って海からやってきた潮による塩害

により枯死するパターンが多くて、自然に生えている樹木もいつのまにか茶色い

姿になっていて可哀想になってしまいます。


毎年11月末に大輪の花を咲かせて楽しませてくれている「皇帝ダリア」も今回の

台風の暴風で根元からポッキリと折れ曲がり、炸裂した幹が繊維でつながっている

だけのようになってしまいました。 その時の写真がないのでアレですが、蘇生する

ことができるのか?というくらいに無残な姿だったのですが、何もせずにあきらめるより

一通りのことをやってみようと思い家にあるもので緊急処置をしてみました。


RIMG3657.jpg


養生テープで幹をグルグル巻きにして水分が抜け出ないようにしてから、園芸用の

支柱とともにビニールひもで縛り、なおかつ竹の支柱を立てて全体を補強してみました。

あとは塩が付いた葉っぱを洗い流して元気になるのか様子を見ました。


RIMG3656.jpg


お天気がいい日が続いたので三日ぐらいすると葉っぱに瑞々しさが戻って

きたようになったので「付いた」んだなと思えました。

現在は2メートル強の大きさにまで成長しています。 だいぶ涼しくなりもう

台風が来ることはないでしょうが、今度は霜による被害が懸念されます。

台風を乗り越えて頑張って成長してくれたのでなんとか大輪の花を咲かせて

みんなを喜ばせて欲しいナと願っています。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
10.02

大停電

Category: ニュース   Tags:台風24号
台風24号が日本列島を縦断して大きな爪痕を残していきました。

台風最接近の9月30日の夜に突如として始まった平成最大の

大停電。 開けて10月2日の17時でも僕らの住む静岡県の浜松市では

約14万戸の家庭に電気が供給されていません。


saigai_teiden.png


幸い、我が家は2日の昼に復旧して日常を取り戻してこうやって

ブログの更新もできていますが、それまではこの真っ暗闇が

いつまで続くのか不安な時間を過ごしていました。

東海地震や東南海地震の拠点として世間から注目されている静岡県

ですが、今回の大停電でライフラインのもろさを実感しました。

地震はいつ来るかわからないので常に災害の対策を充分にする

ことができなく地震がきてから慌てるということを強いられますが、

台風はあらかじめ大きさや進路が予想されているので対策を充分に

とることができます。 にもかかわらず私たちは甘さから対策を怠りがち

になっています。 特に今回感じたのは食料品の確保です。

台風明けの月曜日からすでに停電している市町村ではあらゆるコンビニや

スーパーマーケットの食料品が手に入らなくなってしまいました。

停電による電気の供給がストップされて冷凍・冷蔵設備が稼働しなくなった

こともありますが、東名高速道路の通行止めにより物資が入ってこなかったり

市内の交差点の信号機が働かなくなり、クルマでの買い出しも危険になり

少し出遅れたためにお店の商品はすっかり売り切れていたりと全員が満足のいく

食料を手に入れられなくなってしまいました。 自分の家ではなんとかカップ麺と

缶詰を入手しガスで沸かしたお湯で麺を茹で腹を満たすことができました。


food_kandume_saba.png


一部では停電のために給水もできない地域もあり、集合住宅では水洗トイレの

水などはポンプでくみ上げていたりしたので電気がないと使えなくなっていたりと

予想できない不便さも発生していました。

まだ多くの家で停電が続いています。

そんな中、次の台風25号が村祭りの集中日の今週末やってこようとしています。

今回の大停電を教訓に早いうちに防災対策をして迎え撃ちたいと思います。

停電が続く浜松の仲間たちも頑張ってくれ!

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
Comment:0  Trackback:0
2018
09.23

秋のイベント

Category: 花鳥風月   Tags:ハロウィーン
お彼岸を迎え暑さも一段落と言いたいところですが、まだ家庭でも職場でも

冷房が大活躍な状況が続いています。

市内でいっせい草刈りデーがあり、町内の神社の祭礼を前に道端がキレイに

なりましたが、そこに咲くこの時季だけの花「ヒガンバナ」を避けて刈りこんで

くれてあるのには何か小さな優しさを感じました。


家の庭にも秋の草花が今を盛りに咲き誇っています。

RIMG3637.jpg

裏庭にはキバナコスモスが一杯です。

表の庭の花壇には色とりどりのコスモスが咲いています。

RIMG3640.jpg


ハロウィーンが近づいてきています。

色々なショップでそれに関連した商品が並んでいてオレンジ色の一画を

作っています。

ハロウィーンというと日本ではコスプレしてパーティーをしたり、街中の

歩行者天国を闊歩するというイメージがあって僕ら世代には未だに馴染めない

イベントであったりします。

それでもクリスマスやバレンタインデーも最初はそんな扱いだったんだろうなと

いうことで、ハロウィーン商品の中から面白そうなものを買ってみることに

しました。

100円ショップのセリアで売られていた「ホラーマスク」「モンスターマスク」という

コスプレグッズが安価で面白そうなのでまとめ買いしてみました。


RIMG3642.jpg


パッケージをみるとハリウッド映画のモンスターのようなマスクであることが

わかります。 開封してみるとストッキングのような薄い生地のものにプリント印刷

した怖い顔がある覆面でありました。

久しぶりにノンチャック氏登場ですが、試しにかぶってみました。


RIMG3646.jpg


なかなかエグイもので夜道で出会うと卒倒するんじゃないかなと思います。

これでしっかり視界は確保されているので安全面は充分です。

ハロウィーンの日にはヘルメットの下にこれを被ってオートバイを運転してみたいと

思うけど悪用になるのかなぁ? そもそもそういうイベントのものなんだけど。

冬場のバイクの運転にはあったかくていいんだけどね。

異論は認めます(*ノωノ)。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪
Comment:0  Trackback:0
2018
09.09

奈良の旅

Category: ハッピー   Tags:廬舎那仏
九月に入ってもまだまだ残暑厳しいですが、季節は秋で行楽シーズン突入と

いうことで、格安ツアーを利用して奈良へ日帰りのバスの旅を彼女としてきました。

浜松から高速道路を利用して三時間半バスを飛ばします。

天気予報では浜松も奈良も終日雨の予報が出ていたのですが、今の所降られず。

最初に向かったのは春日大社です。

たくさんの鹿さんたちが出迎えてくれ人懐こく近づいてきます。エサ狙いですが。


na3.jpg


春日大社で御朱印をもらい、現地ガイドさんの説明を聞きながら名所を周ります。

奈良への旅は中学生の時の修学旅行以来で約40年ぶりといったところですか、

この日は学生さんの姿は少なく、相変わらず外人さん率が高いです。


na2.jpg


先だっての台風21号の暴風で境内の木が倒されたとニュースで観ましたが、

実際に多くの木が倒れている現状があり痛々しく感じました。


na4.jpg


春日大社の参拝を済ませた後はお昼を若草山のふもとにある「春日野」さん

というお土産物屋の二階でいただきました。 豚肉冷しゃぶをメインとした

地のモノの料理で美味しかったです。


na6.jpg


若草山も台風21号の影響で登頂することができなかったので、お店で買った

鹿せんべいで鹿と戯れます。 エサやりにモタモタしているとせっかちな鹿さんに

角でグイグイ催促されます。


na5.jpg


若草山を後にして徒歩で東大寺へ向かいます。

途中で昔に学校の教科書で見たあの建物にも出くわします。


na7.jpg


「校倉造り」と言われるこの建物、昔の人の知恵が詰まった倉庫の

ようなものでしょうか? 見た瞬間に名前がわかりました。

次第に東大寺に近づいていき観光客の人数も増えてきます

ここまで雨に降られていません。

遠くから見ていても巨大さがわかりますが、近寄ると山門でさえ並みの大きさ

でないことがわかります。 そしていわゆる「奈良の大仏様」がある大仏殿へと

進んで行きます。


na8.jpg


威厳があり大きさに圧倒されます。 昔の人はよくこんな大きな建造物を建てられ

たなぁと思います。 そして当日は夜に何かコンサートのようなイベントがあるのか

たくさんの椅子が並べられステージでは音楽に合わせてパフォーマンスのような

ダンスを練習する人達がいました。


na11.jpg


大仏殿の中へ入りますと超巨大な廬舎那仏様がいきなり姿を現します。

40年ぶりの再会です。


na9.jpg


火災により何回も修復されているようですが、荘厳で美しい姿は世界遺産に

ふさわしく存在感がすごいです。


na10.jpg


ガイドさんに色々と説明を受けながら大仏殿内を周り、最後に御朱印をもらいます。


na1.jpg


使用している京都の建仁寺の御朱印帳も残りが少なくなってきたので、こちらで

新調することにしました。 通常版ではなく『篠原ともえデザイン』の限定バージョンを

購入しました。別にシノラーでもなんでもないですが、鹿のデザインが可愛かったので。

結局、浜松へ戻り帰宅するまで雨に降られずに済みました。 浜松は昼間は降って

いたそうです。 晴れ男健在ですな。

お土産は定番の奈良漬と鹿のふんというお菓子とくず餅、そして三輪山本のそうめん

でした。 楽しく一日を過ごせた旅行でした。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)♪


Comment:0  Trackback:0
2018
08.19

ふしぎな絵本展

Category: ハッピー   Tags:県立美術館
お盆休みを持て余し気味に過ごしていたので、美術館へ行ってみました。

浜松から東海道線在来線を利用して静岡市草薙にある県立美術館

向かいます。


RIMG3575.jpg


駅からバスに乗り5分ほどの小高い丘にある森の中に美術館はありました。

今回の企画展は「安野光雅のふしぎな絵本展」というものでした。

安野氏は絵本作家として活躍し、1984年に絵本のノーベル賞といわれる

国際アンデルセン賞を受賞しています。


RIMG3576.jpg


だまし絵のような空想的な作品を数々世に出しています。


RIMG3582.jpg


残念ながら企画展の中は撮影禁止となっていましたので紹介できませんが、

子供だけでなく大人も楽しめる芸術性の高い作品が並んでいました。

他にも常設展示の収蔵品展とロダン展がありそちらは撮影OKでした。


RIMG3574.jpg


「考える人」は大中小と三体展示されていました。

RIMG3564.jpg


イギリスとフランスの百年戦争を作品とした「カレーの市民」も

展示されています。

作品として大きさと緻密さで目を引くのが「地獄の門」という作品です。


RIMG3560.jpg
RIMG3568.jpg


「地獄の」と銘打ってあるだけあって少し怖さも感じさせる作品です。


RIMG3571.jpg


知らずと3時間ほどがあっという間に経ってしまいました。

お土産にはいつも通り作者のクリアファイルと絵葉書を買っての帰宅となりました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Comment:0  Trackback:0
back-to-top