2017
09.23

遠州三十三観音 第21番 円通山 観音寺

Category: 身心一如   Tags:お彼岸
お彼岸ということでご先祖様のお墓参りにお寺を訪れる人達が多い中、

家からはチョット距離のある隣市のお寺へ参拝に行きました。

磐田市といえばジュビロ磐田で知られる磐田ですが、2005年にあった

市町村合併により旧磐田郡の町を吸収して大きくなっています。

今回訪れた観音寺(かんのんじ)さんも、かつては磐田郡福田町だった

のですが現在は磐田市福田に所在地が変わっています。


gon1.jpg


永禄2年(1559)5月2日、戸羽野村松秀寺の5世松山門鶴和尚を請じ草創開山とする。


gon2.jpg


家内安全・生業繁盛・大漁満足・良縁成就・厄難消滅・良縁招福など霊験あらたかで

多くの信仰を集めるお寺です。

境内では様々なお地蔵さんや供養塔が迎え入れてくれます。


gon6.jpg
gon5.jpg
gon7.jpg
gon10.jpg


動物供養塔があったので数年前に天国へ旅立った愛犬の幸せを

願って手を合わせました。


gon4.jpg


海辺に近いということもあって魚籃観音さまもあります。


gon3.jpg


さらに、福田漁港もあるということで錨⚓の供養もしていたりします。


gon8.jpg


御本尊を祀る観音堂。

御本尊である聖観世音菩薩は秘仏で12年に一度、午の年に一週間御開帳

されるということです。


gon9.jpg


毎月17日縁日の日には夜店が並びます。11月17日の酉の市(大祭)には

夕方から夜にかけて数多くの夜店が並び盛大に大祭が行われています。


御朱印をいただきました。 住職不在で紙のものです。


gon11.jpg


御詠歌 : ふくしまや いそうつなみの おとたかく ふかきぐぜいの うみとしるらん

ご真言 : おん あろりきゃ そわか

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
09.17

敬老の日に「ありがとう」の言葉を贈ります。

Category: ハッピー   Tags:敬老の日
しばらくブログの更新が滞っていました。 最近の日本は景気がいいんでしょうか?

僕らの行く会社では仕事量が激増して、残業が通常じゃ追いつかなくなり、

夕食も会社で摂るようになったり帰宅時間が遅くなり、パソコンを立ち上げる気力も

なくなる毎日が続いています。 とはいえ、ありがたいことなので仕事に文句は言わず

明日もしかしたら某国がミサイルを撃ち込んできて世の中がひっくり返るかも知れない

ので、働ける時に働いておきたいんです。


9月17日は「敬老の日」です。

ウチの父は今年84歳、母が81歳になります。 おかげさまで世間さまの平均よりも

元気に毎日を過ごしていることに感謝しています。

今年も敬老の日のプレゼントに生花を贈りました。


RIMG3059.jpg


リーガース ベゴニアのイエローストーンカラーを選びました。

ガーデニングが趣味の母は喜んでくれています。 

いつまでも長く花を贈り続けられることを願います。



Comment:0  Trackback:0
2017
09.03

❀ 秋の気配と小さな命 🐦

Category: 花鳥風月   Tags:秋めいて
つい先日まで猛暑に悩まされていた浜松市ですが、

9月に入ったら急激に秋めいて風も涼しく感じる今日この頃です。

隣町の有志による休耕地を利用した緑化公園で秋を代表する花

コスモスが見頃となっていたので朝早くから見に行ってみました。


cos7.jpg


同じ敷地内には他にもキバナコスモスと夏の花ヒマワリも同居しています。


cos2.jpg


毎年、希望者に花摘みを自由に楽しんでもらっています。


cos1.jpg


我が家の花壇にもコスモスは植えられているので、ここでは見て楽しむ

だけにしておきます。


cos3.jpg


家の庭で今咲いているのは、名前のよくわからないこんな花です。


cos4.jpg


ニオイバンマツリも第二期の開花を迎えています。


cos5.jpg


この日の夕方、一杯ひっかけてから小一時間ほど近くの田んぼ周りを

散歩したおり、道端にスズメがうずくまっているのが目にとまりました。


cos6.jpg


そっと近寄っても逃げようとしません。きっと怪我をしているんだろうなと

思いアスファルトから草むらへ移してあげようと手を差しのべたら、急に

パタパタと羽をはばたかせます。怪我をしているのは脚のようでしたが

そのまま自力で少し離れた草むらへと飛んでいきました。 まだ危険は

いっぱいあるだろうけど傷が癒えるまで上手く生き延びられればなぁと

思いました。

スズメは穀物を荒らすので「害鳥」指定されていますが、最近では僕らの

住む里山のあるような田園地帯でも数が減ってきているような気がします。

当たり前に居た動物が知らず知らずのうちに居なくなってしまうのは

なんとも淋しいものですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Comment:0  Trackback:0
2017
08.26

遠州三十三観音 第31番  實林山 成金寺

Category: 身心一如   Tags:七観世音菩薩
夏の終わりに今月の札所として選んだのは縁起の良い名前の

「成金寺(じょうきんじ)」さんです。

浜松市内で近かったのでオートバイでも良かったんですが、

お天気の具合がどうも怪しかったので車で参拝に向かいました。

成金寺の名前の由来は、こちらに祀られている戦国時代の武将

都築惣社衛門尉秀綱の法名が「霊松寺殿法玉成金大居士」で

あることからきているようです。


n1.jpg


参拝日は法事の関係かお寺のほうには誰も居なかったので、建物内部

には入れず、御朱印も備え付けの箱に紙と判と朱肉が置かれご自由に

どうぞという状態で初めてのパターンでした。

n2.jpg
n3.jpg


財宝地蔵というお地蔵さんがあり、やはりお金持ちになれそうな

感じのお寺です。

本堂の参拝ができなかったので、観音堂でお参りをします。


n4.jpg


七観世音菩薩がずらりと並ぶ姿は圧巻です。


n5.jpg
n6.jpg


石造りのお姿は美しく、またそれぞれにご利益が説明されてあり

自分に合った菩薩様に願いを込めて手を合わせます。


浜松市内に今も流れる馬込川から大昔に出現されたという一本造り

の木造の観音様が祀られています。 こちらも中には入れなかったので

窓の外から撮影し拝ませてもらいました。


n7.jpg


こちらの観音様は年輪の様子から木の芯の部分だけを使って

造られており、平安時代以前のものと推測されているそうです。

本堂の天井には華やかな十二支の絵が描かれているそうですが

今回は見ることができなくて残念でした。


住職不在のため自分で判を押した御朱印がこちらです。


n8.jpg


御詠歌 : じょうきんじ ろくどうすくう じひぼとけ しちかんのんの うりうちのさと

ご真言 : おん あろりきゃ そわか

************************************
Comment:0  Trackback:0
2017
08.18

浜松の情景王

盆休み中に行った浜松市の商業施設で常設展示されている

浜松市出身のプロモデラー「山田卓司」氏のフィギュア展の話です。

山田卓司氏は以前、浜松市にあるJR東海の工場でノンチャック氏が

働いていた時に、他の外注会社の社員として在籍していたので、

毎日のように見かけた人物でした。 TVチャンピオンでフィギュア王と

なったのもそのころだったでしょうか、 今では「情景王」と呼ばれて

昭和のノスタルジックな情景を3Dで作品にして好評を得ています。

浜松ジオラマファクトリー」と呼ばれる作品展の展示物です。


815-7.jpg
815-6.jpg
815-8.jpg


こんなノスタルジックな情景がA4の紙ぐらいの大きさの上に表現されて

います。

山卓さんはノンチャック氏と同じ昭和30年代の生まれですが、

そんな僕らたちにはわからない情景をモデリングしたりします。


815-9.jpg
815-12.jpg


戦後か戦時下の日本の風景だと思われますが、知り得ないものを

何かの資料だけでまるで見てきたように表現されています。

一方、逆に僕らからだと若干若年よりに思われる対象をモデルにもしてます。


815-10.jpg


ガンダムにでてくるザクを西洋建築物と一緒にジオラマ化してますが、

僕らの年代は完全にマジンガー世代なので、けっこう大人になっても

ロボットアニメに夢中になっていたんだなぁと分かります。

そしてやっぱり真骨頂と言えるのが、自分自身をモデルにした作品でしょう。


815-11_20170818194625a78.jpg
815-17.jpg


少年時代に模型屋さんで憧れのプラモデルに見入る本人を

題材にしていると思いますが、現在でも山卓さん御用達の模型屋

さんがあり作品も展示してあるそうです。 むかーし行ったことが

あります。 「ホビーショップやおや」というマニアックな店でした。


浜松ジオラマファクトリー」は浜松中心街「ザザシティ」という商業施設

のなかで常設展示されています。入場料1000円だったかな。


珍しくお土産を買いました。 いつのまにかお土産として集め気味に

なってきているファイルケースです。


815-16.jpg


浜松という街、何かと偉人達人を輩出してます。

僕らもそういう人の一人に名を連ねられればなぁー、今からじゃ

無理かなぁー・・・

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●●○●○●
Comment:1  Trackback:0
back-to-top