2018
06.17

新しい作物にトライ

Category: 花鳥風月   Tags:カラス
梅雨本番を迎えていますが、すでに台風が複数日本に襲来しています。

そんな中、畑の作物は少しずつ実りを迎えています。


RIMG3516.jpg

トマトは十分な大きさにまで成長しています。

RIMG3514.jpg

ミニトマトもたわわに実っています。

でもまだ青いです。

収穫はもう少し先。

現在畑の実りとして食卓に上がるようになったのは、


RIMG3515.jpg


大好きなナスです。

夏野菜の代表格ですね。

今年は新しい作物にもチャレンジしています。


RIMG3518.jpg


ピーマンですね。 色々なレシピが楽しめるうえに栄養もあり、

ナスとも相性がいい野菜です。


野菜以外にも新しい作り物にもチャレンジしています。


RIMG3520.jpg


ブルーなベリーです。 皮ごと食べられてジューシーです。

他にも作り物があります。

それは・・・


RIMG3512.jpg


大事な作物を荒らすカラスを模した「破れガラス」です。

ごみ袋とコードチューブとビニールテープだけで作りました。

ボディが骨骨ルックなのと頭蓋骨が見えているデザインが特徴です。

本物カラスも遠巻きに見ているだけで近づけなくなっているようです。

今年も美味しい夏野菜を楽しもう!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
06.02

遠州三十三観音 第16番  龍冨山 松秀寺

Category: 身心一如   Tags:睡蓮
六月に入りそろそろ梅雨入りの声も聞こえてくる頃になり、

お天気のいい休日を利用して観音様の札所巡りをしてきました。

松秀寺は曹洞宗の古刹で、文亀元年(1501)大易正甫大和尚の創建です。


RIMG3501.jpg


広々とした参道に続く山門には京都・大徳寺の古渓和尚が揮毫した

「龍冨山」の額が掲げられています。


RIMG3504.jpg


参道左側には「弁天池」と呼ばれるおよそ300㎡の池があり、六月初旬から

七月の終わりにかけて美しい睡蓮が咲き誇るのが有名だそうです。


RIMG3503.jpg


あいにく、まだシーズンインしてなかったようで池を覆う睡蓮も三分の一ほどで

花も開いていませんでした。残念。

また弁天池を覆う老松の姿が龍に似ていることから「龍冨山松秀寺」と名付けられた

と言われています。


RIMG3507.jpg


門前に格子のはまった小堂があり七体の石の観音配し「朝観音」とよばれ、

早朝お参りすると足腰の痛みを直してくれると云われています。


RIMG3506.jpg


本堂は現在改装工事中でした。 昭和19年に建てられた本堂は戦後の混乱の

時期だったせいで木材の入手が困難だったせいで柱が鉄筋コンクリート造りと

なっていたりします。

御住職に丁寧に案内をされ本堂の参拝をして、ありがたく御朱印をいただきました。


RIMG3509.jpg


「無財の七施」という教えの書をいただき、ご福銭ももらえました。使うといいことが

あるかなぁ♪


RIMG3511.jpg


御詠歌 : とむさとの めぐみのいのり あさはやく とかえりでらの すくいなりけり

御真言 : おん あろりきゃ そわか

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Comment:0  Trackback:0
2018
05.27

小田原・箱根の旅

Category: ハッピー   Tags:大涌谷
風薫る五月にバスツアーを利用して小田原と箱根方面へプチ旅行してきました。

浜松から七千円弱で有名ホテルでのランチブッフェ付きの観光が

楽しめるということで応募して当選したので彼女と週末デートです。


ho2.jpg


小田原にある「小田原フラワーガーデン」というところで見頃の薔薇を楽しみました。


ho3.jpg
ho5.jpg
ho1.jpg

トロピカルドームで珍しい熱帯植物を触ってみたりします。

ho4.jpg


これだけたくさんの薔薇の花に囲まれることはめったにないので圧巻でした。

蒲鉾のお土産で有名らしい「鈴廣」さんで揚げはん詰め合わせとワサビ漬けを購入、

箱根園へと向かい、駒ケ岳ロープウエイで山頂へと登ります。


ho6.jpg


手前味噌ですが、静岡県民ながら富士山はいいものです。

間近で見られて雄大さに感動です。


麓へ降りて最も高い標高にあるという水族館へ入ります。


ho9.jpg


山の頂上から海の底へ移動した気分です。

かわいいアザラシのショーもあって気分を変えて楽しめました。

ho8.jpg
ho7.jpg


お昼ご飯は「ザ・プリンス箱根芦ノ湖」でランチブッフェをいただきました。

相変わらず食べなきゃ損と思って食べ過ぎました。

満腹のお腹を揺らしながらバスは最終目的地の大涌谷へ向かいます。


ho10.jpg


バスを降りたら気温は8℃ということで足早に写真を撮ってから

みんな買う「黒たまご」売り場へと向かいます。

ho11.jpg

ここで売ってる黒たまごの元は浜松から取り寄せているということで

完全に地産地消になってしまいました。

途中、渋滞に巻き込まれることもなく無事に帰宅。 こういうバスツアーも

安上がりで疲れることもなく楽しめていいものですね、また機会を見つけて

行ってみたいなぁと思いました。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪
Comment:0  Trackback:0
2018
05.05

浜松まつり 2018

Category: ニュース   Tags:おまつり
ゴールデンウィークに毎年開催されている「浜松まつり」に参加してきました。

浜松まつりは5月3日・4日・5日の3日間で行われ、端午の節句にちなみ

長男(初子)の誕生を祝う行事で近年では次男以降や女児の誕生に対しても

行われるようにもなっています。この誕生祝いのことを初祝いと言い、「初」と略されます。

昼には凧合戦、夜には御殿屋台の引き回しと練りが行われます。

「まつり」と名が付いているものの、公式には特定の神社仏閣の祭礼ではなく都市まつり

ということで、起源は諸説ありますが実際に正式名称を得て開催されるようになったのは

昭和25年からのようで歴史的にはまだ浅い「おまつり」です。


午前中は中田島砂丘で知られる遠州灘海浜公園で行われる凧揚げ合戦へ行ってきました。


h2.jpg


現在は170を超える町が凧揚げに参加しています。

お祭り二日目の5月4日のこの日は町ごとの凧による糸切り合戦が行われます。


h1.jpg


風が強くて凧の扱いが大変だったようで落下する凧も多く観られました。


h3.jpg


午後に一度浜松中心部に戻り、浜松で一番高い建造物のアクトタワーに登り

展望回廊から凧揚げ会場を望みます。

夕方からは御殿屋台の引き回しが始まります。

その前に若衆が「激練り」で会場の雰囲気を高めていきます。


h5.jpg
h6.jpg


夜の明かりが灯るころには各町の御殿屋台が繰り出され、

祭りは最高潮に盛り上がります。


h7.jpg
h9.jpg
h8.jpg


ラッパ隊の勇ましい音色とともに浜松まつりの夜は更けていきました。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)



Comment:0  Trackback:0
2018
04.30

庭に咲いた季節の花たち🌹

Category: 花鳥風月   Tags:浜松祭り
ゴールデンウィークの真っ只中、家でとれた甘夏🍊を食べながら

まったりと過ごしています。

家の周りに咲いた花を写真に収めました。

シバザクラが満開です。

may1.jpg
may2.jpg
may3.jpg
may6.jpg



ハナミズキももう終わろうとしています。

may4.jpg
may5.jpg
may7.jpg



こちらは近所の休耕地を利用した花畑に咲いたポピーの花です。

毎年花摘みを楽しませてもらっています。

may9.jpg
may8.jpg


残りのお休みは「浜松祭り」で過ごします。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top